結婚で悩む女性のための、当たる電話占い鑑定サイト『エルピラ.』

信頼残高とは?味方を増やす魔法の考え方 |Elpila. Blog

信頼残高とは?味方を増やす魔法の考え方

カテゴリー:ブログ

今すぐあなたの願いを叶えませんか?『今すぐ無料会員登録!』

あなたは「信頼残高」という言葉をご存知でしょうか?

「信頼残高」とはスティーブン・R・コヴィー博士が唱えた考え方です。

「信頼残高」は7つの習慣でも紹介されています。

信頼残高を意識することによって自然とあなたのまわりの味方が増えるという魔法の考え方でもあります。

今回はそんなあなたの味方を増やす信頼残高についてご紹介します。

 

信頼残高とは?

「信頼残高」とはスティーブン・R・コヴィー博士が唱えた考え方となります。

人が2人以上集まるとそこには人間関係生まれます。

人間関係が生まれるということはそこには信頼関係があるということです。

両者とも全然何も知らないということは信頼関係が0ということです。

お互いに協力している状態ということは信頼関係が高いということになります。

つまり信頼関係には強弱があります。

その信頼関係の強弱を銀行の残高のように例えたのが今回のメインテーマとなる「信頼残高」となります。

 

信頼残高は個別にある

 

信頼残高とは自分との関係を持った1人1人にあります。

「Aさんは信頼できるけどどうもBさんは信頼できないんだよなぁー」

という具合に1人1人に信頼残高というものはあります。

 

信頼残高を増やすと

信頼残高を増やすことによって自分の頼みを相手が聞きやすくなります。

例えば夫婦関係において夫が妻に対して十分な信頼残高を持っていれば

「今日は急にゲームがしたくなってSwitchとソフトを買ってきたんだよー!」

となっても妻はそれに対して怒ることはないでしょう。

でも信頼残高が高くない場合は同じ行動をしたとしても妻に怒られてしまうなんてこともあるでしょう。

やっている行動は同じなのになぜだか相手が返す結果が違うと場合は信頼残高を減っていることを疑った方が良いでしょう。

 

信頼残高を増やす方法

スティーブン・R・コヴィー博士は信頼残高を増やすには6つの方法があると著書「7つの習慣」で述べています。

その6つの方法についてご紹介します。

 

相手を理解すること

「相手を理解すること」これが6つの方法の中で最も大切なことです。

「よかれと思ってやったのに」これが裏目に出てしまったという経験。あなたもあることでしょう。

これの原因は相手を理解していないからです。

相手がセロリが嫌いだとしましょう。でもあなたは「健康に良いと思って」セロリを大量にあげました。

果たしてこれで相手が喜んでくれるのでしょうか?

面と向かっている時は「まぁ、、、ありがとう」となるかもしれませんが実際は喜ばれていないということになります。

 

それなら相手を理解してから何かを渡した方がよいのです。

相手がイチゴが好きだと理解したら「イチゴ」を渡したら喜んでくれるわけです。

まずは相手を理解すること。

これが信頼残高を高める方法で最も大切なことになりますよ。

 

小さなことを大切にすること

気遣いや心遣い、マナー。これらは一見すると小さなことかもしれません。

「神は細部に宿る」という言葉があるように小さなことでもコツコツと積み重ねていくことで本当の価値を生みます。

一方で無礼な態度や言動を取ることで信頼残高を大きく減らしてしまいます。

小さなことだとしても人間関係では大きなことだということですね。

小さなことから大切にしていきましょう。

たとえば相手の名前を呼ぶことも小さなことですが大切なことです。

名前を呼ぶことの大切佐については『相手との信頼関係を高める方法【ネームコーリング効果】』の記事で詳しく解説しています。

 

約束を守ること

まじめな人ほど相手の信頼関係を傷つけてはいけないと思って約束をしてしまいます。

でもその数が膨大だとしたら、、、

人間の身体は一つしかありません。できることにも限界があります。

それにも関わらずたくさんの約束をしてしまって信頼関係にヒビをいれてしまう。

まさに良かれと思ったことが裏目にでるパターンです。

約束を受けることよりも約束を守ることを重点を置きましょう。

 

期待を明確にすること

自分がやってほしいことと相手がやることの内容に違いがあったら。

これは信頼を傷つける行動になってしまいます。

事前に「いつ」「誰が」「誰に」「どんなこと」をやるのかをはっきりとさせておきましょう。

そうすることでスムーズに進めることができますよ。

 

誠実さを示すこと

誠実さを示すということは一貫性が持つということでもあります。

言っていることが気分でコロコロと変わる。

そんな人をあなたは信頼することできるでしょうか?

口では聞こえの良いことを言っておきながら裏では全然違うことをしている。

そんなことでは信頼なんてものは高まっていくことはないです。

相手に誠実さを示す。

あなたはできているでしょうか?

男性を選ぶ時も優しさよりも誠実さで選んだ方がうまくいきます。

なんで男性は優しさよりも誠実さで選ぶべきなのかは『男は優しさよりも誠実さで選べ』の記事でお話ししていますよ。

 

信頼残高を引き出したときは素直に謝ること

信頼残高を高めようとした行動であったとしても結果として信頼残高を引き出す(=減らす)こともあるでしょう。

もちろん人間ですから完璧なことなんてないです。

そんなときは素直に謝る。

これが信頼残高を高める方法です。

変なプライドにこだわって傲慢な態度になってはいないでしょうか?

素直に謝る。これをするだけで驚くほど信頼される人になれますよ。

 

信頼残高を減らす方法

信頼残高を減らす方法はこれまで紹介してきたことの反対をするだけです。

・相手を理解しない

・無礼に接する

・約束を守る

・期待外れの行動をする

・一貫性がない

・謝らない

見てもわかるとおりこんな人のそばにはいたくないでしょう。

普段の生活であなたはこんなことをしていないのか?胸に手をあててしっかりと考えてみましょう。

 

「信頼残高とは」のまとめ

信頼残高の増やし方を見ても分かる通りに信頼残高を増やすには時間がかかります。

でも信頼残高を減らすのは一瞬ということです。

自分では大したことがないと思っていても一気に信頼残高を減らしかねないので注意しないといけないですね。

信頼残高という考えを取り入れて良好な人間関係を築くようにしてくださいね。

 

今日の血液型占い
あなたの血液型をクリック!
超ラッキーだと豪華プレゼントが当たるかも!?

記事一覧に戻る

メニュー