結婚で悩む女性のための、当たる電話占い鑑定サイト『エルピラ.』

幽霊の代表的な認識の仕方 | Elpila. Blog

幽霊の代表的な認識の仕方

カテゴリー:建部 いづも

結婚に悩める女性のための電話占い エルピラ.
タロット占い師の建部いづもです。

 

この世界で仕事をしていると
頻繁に幽霊を感知する人々のお話をききます。

どうやら感知の仕方に個性があって
・視覚型
・聴覚型
・体感覚型

見る・聴く・感じるという
3つのパターンにまとめられることに気が付きました。

 

視覚型【見る】

 

幽霊を映像として見ているケース。

 

・生きた人間と変わらないように見える

・半透明で見える

・靄や霞として見える

など見える方の中にもいろいろな個性があるようです。

お岩さんをはっきりと見た伊右衛門さんは
「視覚型」だったのかもしれません。

 

聴覚型【聴く】

誰もいないのに歌声や話し声が聞こえるケース。

 

留学先で寮に入り
アメリカ人夫婦の霊が夜な夜な自分を見下ろして話していたせいで
瞬く間にリスニング力があがったという話をきいたことがあります。
(のちに幽霊に動じない日本人として尊敬されたとか。)

お露さんの駒下駄のカランコロンという音をきいていた新三郎さんは
「聴覚型」だったのかもしれません。

 

 

体感覚型【感じる】

 

これは寒気がするとか誰もいないのにつかまれた感覚があるというケース。

 

下車駅近くで電車で熟睡するときに必ず
右肩をつんつんしてくれる存在についてのお話をきいたことがあります。

また交通事故にあいかけた時に通りの向こうに突き飛ばしてくれた
存在について聞いたことがあります。
いずれもそれをしてくれる人間はまわりにいなかったそう。

 

ただ現代社会で大真面目に幽霊談義を行うと
精神科領域の病気と思われることにつながりかねないですね。

 

くわばらくわばら。

 

 

記事一覧に戻る

メニュー
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus